本文へスキップ

日焼け止めを塗らないリスクについて

日焼け止めを塗らないリスクについて

日焼け止めを塗らないリスクについて

日焼け止めによる効果

日焼け止めを実際に使うとどのような効果を期待できるのでしょうか。まず、日焼け止めにはPAとSPFという指標があります。紫外線にはA波とB波というものがあります。それぞれに対してどれほどの効果を発揮するのかを表している指標なのです。この2つの紫外線を防ぐことによって、肌に対する影響を防ぐことができるのです。肌の表面に対する影響が大きいのはB波の方です。こちらは肌が黒くなってしまう原因となっています。こちらは20分で肌に影響を与えてしまうのですが、影響を受けるまでの時間を引き伸ばせるのが日焼け止めの効果となっています。SPFが10であれば、20分に10をかけて200分まで日焼けを食い止めることができるのです。ただし、実際には汗や水によって日焼け止めが落ちてしまうため、もっと持続時間は短くなっています。

そして、A波というのは肌の奥の方にまで影響を与えるとされています。そのため、こちらの影響を防ぐこともとても大切です。しっかりと日焼け止めを塗ることによって、A波が肌の奥深くにまで入るのを防ぐことができるのです。

このように紫外線の主な光線を防ぐことができるのが日焼け止めです。こちらを上手く活用することによって、紫外線から肌を守れます。