本文へスキップ

日焼け止めを塗らないリスクについて

日焼け止めを塗らないリスクについて

日焼け止めを塗らないリスクについて

塗らないリスク

そもそも日焼け止めというのは本当に必要なものなのでしょうか。もし日焼け止めを塗らないと紫外線がどんどん肌の内部に侵入してしまうことになります。もちろん、人は日焼けをすることによって、紫外線から肌を守るというシステムが備わっています。肌の中で紫外線に反応してメラニン色素が生成されて、これが紫外線を反射するのです。メラニン色素が溜まることによって、肌が濃くなっていき、これが日焼けとなるのです。

しかし、メラニン色素があったとしても、肌の中に紫外線が入り込むのを完全に防ぐことはできません。そのため、どんどん肌の細胞が破壊されていきます。その結果として、肌はどんどん硬くなってしまうでしょう。メラニン色素の影響で色も濃くなってしまいます。シミができてしまうこともあるのです。肌がどんどん汚くなっていきます。このような影響が出てしまうのです。

見た目の問題だけではなくて、紫外線によって皮膚がんになってしまうリスクも高まってしまうでしょう。紫外線は遺伝子にまで影響を与えてしまうのです。それによってがん細胞が発生してしまう可能性もあります。このように日焼け止めを塗らないことによるリスクはとても大きいです。日焼け止めはきちんと塗るべきでしょう。